バンパー修理の方法・工賃を徹底解説

車のバンパーを擦ったり凹ませたことがある人は少なくないと思います。自分は安全運転でも、ぶつかられたり擦られたりバンパーを無傷で保つのは難しいといえます。この記事を読んでおられる方は、バンパーの修理を検討していて費用などの情報収集をされているのでしょう。「修理」と言っても小さな傷から大きな破損まで千差万別です。カー用品店ではタッチアップ用のペンなど個人でも使えるものを販売していますが、塗装や修理について専門的な知識・設備が必要な場合は業者に依頼することになります。まずは自分が補修したい部分の程度と自分の技術を比べて、無理をせず予算内で修理することをお勧めします。
この記事では個人で修理する場合と、業者に依頼する場合のポイントを説明します。
※ここで説明する内容はあくまで参考となり、実際の修理箇所によって適切な方法は異なります。

意外と自分でも出来る簡単なバンパー修理

車の改造やパーツ作りを趣味にする人以外の、一般的なドライバーが車のバンパー修理をするというと少し気が引けるかもしれません。でも、少しの擦り傷で仕上がりはあまり気にしない。とにかくお金をかけたくない。という方ならカー用品店でタッチアップ用のペンを購入して自分で補修するのもお勧めです。ペンは500円程で買えますので、業者に依頼するよりかなり安く済みます。
ここで気をつけたいのは、自分の車の色のペンを選ぶということです。「白」といってもトヨタの白とホンダの白は違いますし、同じメーカーでも何種類か白があります。素人目には違いが分かりづらいですが、各色には番号があります。車の型式表示プレートや調べられるサイトを使って自分の車の色を知りましょう。よく分からない場合は店員さんに聞いてみれば調べてくれるでしょう。

割れ・凹みはプロに任せましょう

上記の簡単な修理ではなく、バンパーの割れ・凹みがある場合はプロの業者に依頼することをお勧めます。この場合は、バンパーを外し、割れ・凹みを補修し、凹凸を平滑にし、補修箇所をまわりと同じ色に塗装し、磨き上げる。という工程を経て修理が完了します。それぞれの工程に専門の知識・技術が必要で素人が簡単に出来るものではありません。ここはプロに任せましょう。
気になる工賃ですが、基本的に状態を確認して見積もりを取ることになります。塗装の種類によっても値段は変わります。例えば白でもソリッド(一般的な白)とパール(キラキラした白)の違いで塗装の工程が変わるので、値段も変わってきます。簡単見積もりができるサイトもありますが、実車を見ての判断になるので、参考として見ておきましょう。

業界の常識を覆す激安料金体系。車種や色による追加料金もありません。 土曜、日曜、祝日も朝9時から夜22時まで年中無休で営業。 小さなキズも、大掛かりな修理・板金塗装もこだわりの激安均一料金で補修・修理。 日々、徹底的に努力して、板金業界の常識を覆すべく激安に挑戦中! 当社は車の傷やへこみを修理する専門業者であり、対象エリアは東京都・埼玉県・神奈川県に対応しております。 バンパー修理もまずは簡単無料お見積りを!